保険相談や見直しを利用する【保険相談安心エール】

Ensurance life

対策の方法を考える

控除の対象になる保険

サラリーマンも自営業者も1月から12月までの所得に対して所得税が課税される。日本が不景気になり財源が乏しくなったせいか税金が上がり、私たちの生活は厳しくなるばかりである。特にサラリーマンの場合、基礎控除と言う税金の控除がある為、節税対策として何らかの方法を施すことは難しいであろう。良く言う所得の丸見えである。しかし、わずかでも控除して貰う事を考えるのは誰でも同じである。 多くの人は生命保険とか、損害保険など何かしら保険に加入しているのではないだろうか。 特に生命保険は多くの人が加入していると思われるが、これも年末調整の時に申請すれば節税対策になるのである。また個人年金や火災保険などの損害保険など申請する事により、税金が控除されるのである。

いくら位控除されるのか

保険で節税対策が出来ることは分かったが、年間どのくらいの支払いをしていれば税金の控除をして貰えるのであろうか。 まず、生命保険であるがこれは補償額によって支払いが少ない人もいるだろう。月に3000円程の支払いの人もいるだろうし、30000円程支払っている人もいるだろう。 基本的に生命保険は50000円までの控除が認められているので3000円の支払いの人は36000円の控除が、また30000円の支払いの人は50000円の税金の控除が受けられる。 個人年金の控除も50000円まで受けることが出来るのでどちらにも加入していれば100000万円の節税対策となるので是非申請してもらいたい。節税対策は難しいと思わず諦めない事が一番である。

Copyright (c) 2015 保険相談や見直しを利用する【保険相談安心エール】 all reserved.